すっぽん小町 副作用

すっぽん小町の副作用は大丈夫?注意することは?

すっぽん小町は妊娠中や授乳中でも
安心して飲めるサプリだと宣伝しているけれど、
吐き気や痒み、じんましんなど副作用が
出てしまった方がいるとのうわさがありました。

 

実際にすっぽん小町を愛飲している方に
副作用を感じた人がいないのか調べてみました!

 

≪すっぽん小町の副作用が出たという口コミ≫

・寝つきが良くなると聞いたので寝る前に飲んでみました。
飲んだ時には臭いや味は気になりませんでしたが、
朝起きてからお腹から生臭い魚の臭いが
込み上げてきて1日じゅう気持ち悪くて吐きそうでした。

 

・飲み始めてすぐ、それまで出来たことのない吹き出物?が
おでこに出てきました。

 

飲むのをやめて吹き出物がおさまってから飲んでみたら、
また出てきたのでサプリのせいだと思います。

 

・飲んだ次の日に顎の先あたりに
赤いプツプツが出て痒くなりました。

 

一旦飲まずに様子をみて、
1日2粒飲むのを1粒にしてみましたが
やはり痒みが出ます。

 

今度は2日ごとに1粒を飲むようにしましたが
痒みが出る以外に変化もないのでやめました。

 

・確かに寐る前に飲むと寝つきは良くなります。

 

でも特に午前中に胃がむかむかと
もたれる感じがします。

 

スッキリ起きて活動的に
過ごせるわけではありませんでした。

 

口コミでは確かに、全体の少数ではあるものの
蕁麻疹や湿疹など肌トラブルが起きたという声や、
生臭い魚の臭いが気持ち悪くて
吐き気がするという声がありました。

 

これらはすっぽん小町の副作用なのでしょうか?
詳しく調べてみます!

 

≪すっぽん小町に『副作用』はない?≫

すっぽん小町の副作用と思われる口コミの体験談で
多かったのは「ムカムカする胃もたれや吐き気を伴う独特の臭い」と
「おでこやこめかみ、顎などの肌トラブルが
出来やすい場所に痒みを伴う湿疹やじんましんが出た」
というものでした。

 

これらが『副作用』なのかどうかですが、
厳密に言うとすっぽん小町に副作用はありません。

 

というのも、すっぽん小町は『医薬品』ではなく
サプリメント『食品』なのです。

 

食品というカテゴリーには薬品が
本来望んでいる効果とは別の作用に
働いてしまうことを意味する副作用という概念はありません。

 

肌の表面の潤いは毛穴から出る皮脂で
コントロールしています。

 

皮脂がないとカサカサになってしまいますが、
油分が多いとニキビや吹き出物等の肌トラブルが
出てしまいます。

 

すっぽん小町を飲んで肌トラブルが
起きてしまった人は、
すっぽん小町の潤い成分がその人には多すぎてしまって
皮脂の油分が過剰に出てしまったのではないかと
考えられます。

 

また生臭い魚の臭いは、すっぽん小町が
すっぽんを丸ごと使用しているので
濃度の濃いすっぽん成分を
配合しているからであると考えられます。

 

飲む時はソフトカプセルでコーティングされているので
臭いは気になりませんが、
寝る前など胃の中の食べ物が消化されて
空になっていることですっぽん小町の濃い成分が
充満しているからかもしれません。

 

すっぽん小町についてもっと詳しくは!

<公式サイトはこちら>